ごあいさつ

はじめまして、女性による女性のための乳腺クリニック『さくら乳腺クリニック』を開院させて頂きました浅野有香です。

私は女性であることから何か女性の役に立てることができないか、女性が幸せになることの手助けをしたい、女性の病気を扱う科に進みたいという思いから乳腺外科医になりました。

乳がんは女性の約9人に1人がかかる病気であり年々増加傾向にあります。20歳過ぎから認められ30代で増加していき、40代から60代でピークがありますが高齢の方でも罹患します。また再発率30%、再発可能性期間10年と他部位のがんと比べて経過が長いことも特徴です。人生におけるこの長い期間を患者さま一人ひとりに寄り添い、喜びも苦悩も一緒に分かち合いながら過ごしていきたいと考えております。女性の視点から、女性だからできる心のかよった診療を目指していきたい所存です。

これまで約15年、大阪公立大学の乳腺外科での診療・研究・教育に携わってまいりました。大阪随一の乳がん診療拠点である大阪公立大学病院と強い連携を持って、今後も乳腺の病気に挑んでいければと考えております。

乳がんだけでなく、良性疾患やどんな些細な乳腺の悩みもご相談してください。患者さまが、クリニックに来ると安心できるような場でありたいと思っています。「女性が上を向いて笑顔になれるよう」、お力添えできれば幸いです。

さくら乳腺クリニック
院長 浅野有香